2006年06月17日

県立中央病院で小児科が休診に

友部町にある茨城県立中央病院が、常勤医がいなくなったため小児科を休診することになったとのこと。

以前このブログでも取り上げましたが、地方での医師不足は深刻ですね。つくば市には筑波大学附属病院があり、あるいはこれは街としての強力なアピールポイントになるかもしれません。大学の医学部は県庁所在地でも全都道府県にあるものでもありませんし。
posted by Naoh at 23:56| Comment(45) | TrackBack(11) | つくば・土浦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

世界同時株安の様相が

あの忌まわしい9.11の翌日と同じくらい、日本の株価が下がりました。
世界同時株安


米国経済の先行き不透明感が背景になっているといわれており、少しだけ世界を巡るお金の流れが変わったようです。
posted by Naoh at 15:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

「定期+投信セットでお得?」日経新聞の遅すぎる指摘

今日の日本経済新聞の”SUNDAY NIKKEIα家計”面で、大手銀行などが積極的に販売している円定期預金と投資信託を組み合わせたセット商品の話題を取り上げています。

この商品(販売手法)の胡散臭さは少々勉強すればすぐわかることで、既にブログメールマガジンで指摘していました。

銀行が広告出稿者としてお客さんにあたる商業紙の限界は承知していますが、なにをいまさらという気がしなくもありません。しかも直近株価や外貨が急落し、セットで買わされた顧客の損失が拡大したタイミングになってやっと取り上げるのもいかがなものかと思います。記事中にあるように「円定期の利息は投信の販売手数料の一部を返還しているにすぎない」のは明らかです。

また”年利4%”といった金利表示に比べ”3ヶ月のみ”という期間表示が極端に小さいケースが見られるのは、この商品が”餌”で釣るとても原始的な販売手法をとっていることを示しています。

幸か不幸かつくば・土浦地区の地方銀行でこのようなセット商品を販売している銀行はないようですが、今後販売開始される際には十分勉強してから窓口に足を運ばれることをお勧めします。<なにか悩み事をお持ちの方は・・・>
posted by Naoh at 16:29| Comment(1) | TrackBack(1) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

住宅ローンの選択肢がまた1つ増えました

財形融資とフラット35の併用、融資率上限撤廃
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20060602AT3S0201M02062006.html

『住宅金融公庫は2日、財形貯蓄をしている人向けの5年固定金利の公庫財形融資と民間金融機関と提携した最長35年の長期固定ローン「フラット35」を併せて資金を借り入れる際の融資率の上限を撤廃した。これまでは建設費または購入価格の8割が上限だったが、両融資を組み合わせて全額借り入れられるようになる』(日本経済新聞)

住宅財形をやっている方には朗報ですね。実際の選択はなかなか難しいのですが、また1つ住宅ローンの選択肢が増えました

今年の後半から来年はじめにかけて、金利の動向がかなり読みづらくなる見通しですので商品選びは慎重に。つくば土浦近辺の新築マンションへの入居が、ちょうど始まる頃がそうです。続きを読む
posted by Naoh at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ninki.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。