2006年04月04日

カステラの代表は当然「文明堂」ではなく「福砂屋」である

長崎県、あるいは北部九州出身者にとって、あまりに当たり前。関東に出てきてあまりに文明堂が有名で、コマーシャルの威力の強さを再発見したほどです。

で、同じ福砂屋でも長崎本店とその他の支店では味が違う、というは一旦置いておくにして・・・

母親の実家のあるお隣の佐賀県はなぜか、お菓子の消費量が日本一だったこともあるほどの地域です。当地で有名なのは「小城羊羹」と「丸ぼうろ」「さが錦」。代表は羊羹のほうですがオススメは



まるぼうろ

こっちです。まるぼうろ。素朴に旨い。

で、これは「北島」のそれを買わなければなりません。羊羹とセットで他のメーカーのものを買ってしまいがちなのですが、少しでも佐賀県に関わりのある人は間違えません。”はなわ”だって知っているはずです。

先日長崎県出身のお客様とライフプランそっちのけでそんな話をしていました。栄養価が高いので、子供の頃風邪をひくと牛乳に浸して食べてました。
posted by Naoh at 02:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

雑誌「旅の手帖」で佐賀のお菓子が紹介
Excerpt: 雑誌「旅の手帖」2006年5月号(4/10発売)に 佐賀のお菓子「丸房露」が紹介されています。 連載コーナー「定番土産のヒミツ」に掲載。 このコーナーは全国各地の昔からあるお菓子 など..
Weblog: さがファン向上委員会
Tracked: 2006-04-11 14:35
ninki.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。