2006年04月03日

茨城県内の住宅地地価はどうなったか

1.つくば市竹園2−7−8     158千円/平米 対前年+3.3%
2.水戸市備前町5−5       125千円/平米 対前年▼1.6%
3.つくば市千現1−18−20   125千円/平米 対前年+5.0%
4.つくば市天久保1−8−12   114千円/平米 対前年▼1.7%
5.つくば市松代5−2−25    103千円/平米 対前年+7.9%
6.取手市台宿2−1−37     101千円/平米 対前年▼3.8%
7.取手市新町4−19−2     100千円/平米 対前年▼3.8%
8.取手市新町6−11−5      98千円/平米 対前年▼5.4%
9.水戸市金町2−2−21      97千円/平米 対前年▼4.2%
0.つくば市春日3−12−5     95千円/平米 対前年±0.0%

ちなみに
守谷市松ケ丘7−4−5       84千円/平米 対前年+15.0%
土浦市千束町2−15        52千円/平米 対前年▼10.3%

繰り返すまでもなくTX効果で県南のごく一部だけ(つくば、守谷と水海道?)が上昇しているのです。

前回取り上げた県内平均価格で守谷がトップでしたが、地点別最高価格でも上記程度です。ご承知のように巨大なつくば市(笑)に比べコンパクトなのが守谷市。調査地点もつくば市の半分で、多くの地点が駅から何とか歩ける範囲なので平均すると高くなるようです。

そう考えると同等の利便性のあるつくば市の価格からみると、まだまだ守谷市がお買い得(もちろん公示地価と実取引価格は違います)のような気もしますね。あとは街としても魅力をきちんと作れるかどうかでしょう。現状ではネームバリューなどでつくばに劣るのは事実ですから。
posted by Naoh at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | つくば・土浦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ninki.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。