2006年05月27日

ネガティブサム陥る「首都圏こそ影響深刻」日本の人口減問題

5月19日付日経新聞の”経済教室”に日本政策投資銀行の藻谷氏の人口減少時代を迎える首都圏経済についての寄稿がありました。

氏が言うには
・出生率の低下が止まれば少子化の進行は止まる
・少子化の進行が止まれば人口減少→高齢化は防げる
・高齢化に関わりなく雇用情勢の改善がなされれば就業者は増える
・首都圏は地方圏に比べて高齢化問題は深刻ではなく、オフィス・住宅需要は減らない
という通説が全て誤り、と指摘しています。むしろ高齢化問題は首都圏でこそ急速に進む可能性が高いと見られています。

一方で周知の通り都心のごく一部では大規模な再開発プロジェクトが立ち上がり、バブル時代を思わせるような活況があります。この波に乗るのは商売の上で効率が良いのでなおさら企業の目はそちらに向いています。

首都圏のごく一部が集中的に開発されるなか、総需要が高齢化によって減少していくならばどうなるのか。必然的に首都圏他地域の集積が食いつぶされていくことになります。これを筆者は「ネガティブサム」と言っているのです。

この「ネガティブサム」という言葉が印象的なので取り上げました。説については私が繰り返し読んでいる下記の本に、ぼぼ同じ視点で網羅的に書いてあるのでお薦めです。図書館にもあるでしょう。ただ処方箋の部分には難ありか?

「人口減少経済」の新しい公式―「縮む世界」の発想とシステム
松谷 明彦
日本経済新聞社 (2004/05)
売り上げランキング: 12,203
おすすめ度の平均: 3.73
4 発想の転換とはこのこと!
4 ノストラダムスより衝撃的
4 人口減少社会を生きるための羅針盤


もちろん、TXによって堂々首都圏他地域に含まれることになったつくば・守谷地域の将来を考えるきっかけになると思います。

お金に関わるご相談はお気軽にファイナンシャルプランニング事務所『Mr.FPつくばオフィス』へどうぞ。お問い合わせは無料です。
posted by Naoh at 18:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『Naoh』様

はじめまして!
ブログ楽しく拝見させて頂きました。
大変楽しく読ませて頂きました。

最近、『ブログタイトル』のような面白いブログは、修正・加筆して電子書籍として販売するとヒットすることがよくあります。

そして、無料で登録できる電子書籍でヒットしたら、次はそれをそのまま商業出版化する、という流れも出てきています。

そこでお願いがあるのですが、商業出版のアシストもしているでじたる書房で、あなたのブログを販売してみませんか?

■TOP:http://www.digbook.jp/
■ライター登録ページ:http://www.digbook.jp/writers_site/
■ライター登録者数:1834人
■総書籍数:6374冊

ご登録、販売にあたり費用は一切無料です!
お待ちしております!
Posted by でじたる書房 at 2006年05月30日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ninki.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。