2006年06月03日

住宅ローンの選択肢がまた1つ増えました

財形融資とフラット35の併用、融資率上限撤廃
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20060602AT3S0201M02062006.html

『住宅金融公庫は2日、財形貯蓄をしている人向けの5年固定金利の公庫財形融資と民間金融機関と提携した最長35年の長期固定ローン「フラット35」を併せて資金を借り入れる際の融資率の上限を撤廃した。これまでは建設費または購入価格の8割が上限だったが、両融資を組み合わせて全額借り入れられるようになる』(日本経済新聞)

住宅財形をやっている方には朗報ですね。実際の選択はなかなか難しいのですが、また1つ住宅ローンの選択肢が増えました

今年の後半から来年はじめにかけて、金利の動向がかなり読みづらくなる見通しですので商品選びは慎重に。つくば土浦近辺の新築マンションへの入居が、ちょうど始まる頃がそうです。

お金に関わるご相談はお気軽にファイナンシャルプランニング事務所『Mr.FPつくばオフィス』へどうぞ。お問い合わせは無料です。
posted by Naoh at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ninki.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。