2006年06月13日

世界同時株安の様相が

あの忌まわしい9.11の翌日と同じくらい、日本の株価が下がりました。
世界同時株安


米国経済の先行き不透明感が背景になっているといわれており、少しだけ世界を巡るお金の流れが変わったようです。
posted by Naoh at 15:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

住宅ローンの選択肢がまた1つ増えました

財形融資とフラット35の併用、融資率上限撤廃
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20060602AT3S0201M02062006.html

『住宅金融公庫は2日、財形貯蓄をしている人向けの5年固定金利の公庫財形融資と民間金融機関と提携した最長35年の長期固定ローン「フラット35」を併せて資金を借り入れる際の融資率の上限を撤廃した。これまでは建設費または購入価格の8割が上限だったが、両融資を組み合わせて全額借り入れられるようになる』(日本経済新聞)

住宅財形をやっている方には朗報ですね。実際の選択はなかなか難しいのですが、また1つ住宅ローンの選択肢が増えました

今年の後半から来年はじめにかけて、金利の動向がかなり読みづらくなる見通しですので商品選びは慎重に。つくば土浦近辺の新築マンションへの入居が、ちょうど始まる頃がそうです。続きを読む
posted by Naoh at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

ACCSの努力に(少しだけ)驚く

商売上インターネット常時接続は前提なので、プロバイダにNTTのADSLとACCSの2つを使っています。トラブルで接続できなくなると困るからです。

先日気づいたのはACCSのネット接続料金が数百円値下げされていたこと。ある時期からマンションへのポスティングも積極的にやっているようで、顧客獲得に力を入れているように感じました。

またACCSのネット接続(プレミア)サービスは、最近トラブルが少なくなったようです。私が使い出した2年ほど前は、ほとんど1週間置きに数時間の接続不能状態になり頭にきたのを覚えています。確かそのころは光ケーブルもなくて選択肢がないため、やむを得ず使い続けたのでした。

財団の決算資料を見ると特別会計分を除けば収支は厳しいようですが、すでにこの街のインフラ化していると見ますので少なくとももうしばらく使い続けようかと思っています。続きを読む
posted by Naoh at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

専門医師不足に悩む地方都市

先日の「ガイアの夜明け」で、経営に苦しむ地方公共団体関連病院が取り上げられていました。地方の小都市(番組では愛知県新城市が登場)では経営難ゆえに医者を雇えず、診療科がなくなる事態が発生しているようなのです。消滅するのは「小児科」「産婦人科」が多いらしいとのこと。

従兄弟に2人医者がいてどちらも内科医なのですが、1人は開業していて看板は「内科」のみ。私が生まれた田舎街では、開業医といえば「内科・小児科・皮膚科・消化器科」と一通りならべ、なかでも内科と小児科はセットになっているのが常識でした。

あえて「内科」としているのには、専門というか趣味の問題もあるようですが、どうやら小児科を看板に掲げるとトラブルや急患が多いのも一因らしいのです。要するに多すぎる苦労に対して、報酬が見合っていないと思われている。

開業医が乗り気でない上に公設病院で小児科(や産婦人科)が減ってしまうと、その街で子供を育てるのは厳しいでしょうね。

つくば・土浦地区には現状そのような問題があると聞きませんが、茨城県北あたりは厳しいかもしれません。医学部をもつ筑波大学も県立医療大学も県南にあるんですよね。続きを読む
posted by Naoh at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

ライトオン本社建設に感慨深くなる

ご存知の通り、つくば駅付近に新本社社屋を建設中のライトオンは、この地を本拠とする企業です。社長の藤原政博さんはもう、立志伝中の方と言ってよいでしょう。

発祥の地、というと厳密には違うらしいですが、今のライトオン(東証1部7445)の礎を築いたのは新治郡桜村吾妻(当時)の店舗であるのは明らかです。その時代に買い物をした筑波大学生や地元民が貢献しているのです。私も2回ぐらい買い物をした記憶があります。

社会人になってから千葉県で『Right-on』の店舗をみて「これはあのライトオンか?」と思い、その後東証一部上場になって驚いたことを良く覚えています。あぁ立派になったもんだ、と感慨深くなるのもやむを得ません

新本社ビルは今鉄骨の建方がそろそろ終わりで、日に日にその立派な姿をあらわしつつあります。サラリーマン時代ビルの鉄骨営業をやっていたこともあって、近くを通るとじっと見てしまいます。

ゼネコンは竹中か・・・

茨城の企業がヘッドではありませんでした。まぁ全国クラスの会社ですからね。雇用に貢献いただいているだけでありがたいと思います

posted by Naoh at 18:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

グラン・プルシェよ、お前もか・・・

別にカスミグループに恨みがあるわけではありません。むしろ私は好んで利用しています。

なかでもLaLaガーデンにある『グラン・プルシェ』は、「カスミのシンボルとして、我社の理想や思想を目に見える形で表現し、さらに ”つくば”ならではの独自の店づくりにチャレンジ」する旗艦と思しき店舗。少々高めの値段設定とともに一味違う店作りをなさっているはず。

http://www.kasumi.co.jp/news/news120.htm

でも・・・流れてましたよ「ロッキーのテーマ」!。頭を抱えました。

LaLaガーデンまで歩いて3分ほどなので以前は良くサンダルで買い物に行っていましたが、ある日友人に「ここはそれなりの気分で来ている人もいるからサンダルは・・・」といわれたのです。それ以来気を使ってキチンと靴を履いていましたが、止めることにしました。こういっては何ですが、コンセプトは似ていてもクイーンズ伊勢丹では流れないんですよロッキーは、絶対。
posted by Naoh at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

日経紙面より、つくばの街に愛着を持つということ

日本経済新聞の首都圏・茨城ページに、つくば支局に赴任したばかりと思しき記者のコラムがありました。

転入の手続きのために学園地区中心部から離れ、しかも支庁舎に散らばった窓口のあまりの不便さに「つくば市が誕生してから20年近くになりながら、人口のかなりの部分を占めるはずの研究学園都市住民への行政サービスをなおざりにしたままというのも納得がいかない」。

また、学生にやさしい街になっている京都を引き合いに、一度でも住んで気に入ってくれたならばその恩恵が”つくば”のブランド力向上に結びつくと指摘。そのために新旧住民+TX開通による東京圏移住者が意見交換をして、より愛着の持てる街づくりが必要ではないか、と書かれています。

私が気になった3つのポイント。

「行政サービスに新旧住民間で受けるイメージに未だ差があること」。学生時代に新聞を作っていた頃からこのテーマは定番でした。久しぶりにここに戻ってきてもそれと気づかなかった自分を発見しました。慣れで見落としがちですが、機能が無駄に分散された今の仕組みは異常です。

「第3の住民層ができる」。旧住民とそれ以外、ではなく旧住民と新住民(近隣研究所などに勤め先をもつ住民)、それに第3住民(東京など遠方に勤める”つくば都民”)へと多様化するという点。

「新旧住民が本音をぶつけ合うことで愛着の持てる街へ」
。これは多分にメディアらしいリップサービスで、よほどのことがなければあちこち転居を繰り返した人の土地への愛着は、そこに住んだ期間の長さに比例します。これは私も経験済みです。

それでもあえて”本音をぶつけあう”ことを促すコラムを、日経新聞が大きなスペースを割いて掲載することには意味があります。か細いながらも事態が好転するきっかけをメディアが作ってくれる可能性があります。つくばに住む者として、茨城県内に2つしかない日経支局の1つがここにある(勿論もう1つは県庁所在地である水戸)ことに感謝と期待をして良いのです。

過大評価でしょうかね。続きを読む
posted by Naoh at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

残念、長崎代表清峰高校の選抜高校野球優勝ならず

うーん、決勝惨敗でした。

長崎県勢としての甲子園初優勝を期待したのですが、そう簡単ではなかったようです。長崎県出身の野球好きとしては、サッカー(国見)だけでないところを見せてもらいたかった。とはいえ、これまでの実績を考えれば決勝進出だけでも十分価値があります。お疲れ様でした。

それにしても連戦となる高校野球というのは、かなりむごい催しだと思いました。このなかで優勝するのは大変なことですね。
posted by Naoh at 11:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

プロ野球開幕・・・人気は復活するのか

WBCで日本チームが優勝したせいか、日本のプロ野球の観客動員が増加する兆しがあるそうです。プロスポーツといえば野球、といった世代の末期に育った私にはなんとなく嬉しい話題です。WBC優勝の瞬間は涙していたのは言うまでもありません。監督は王さんでしたし。

ただ高視聴率が話題となったWBCですが、サッカーのワールドカップの記録には及ばないとの事。今ではサッカーが一番人気なのでしょうか。

そんなニュースを見ていて、Jリーグ草創期にプロになった大学時代のバイト仲間のことを思い出しました。いまや私の故郷が生んだ名物のひとつともいえるサッカー強豪高校出身で、全国一になったチームのメンバーでした。

彼が当時こういってました。「中学の頃から(プロ)スポーツの世界に入るつもりでいて、野球にしようかサッカーにしようか悩んだ」

私のわずか2歳下なのですが、スポーツセンスのある少年が選ぶ競技の流れはこの頃から変わっていたのかもしれません。また、そこから変えないと野球人気の本格復活はないのかもしれません。

懐かしいですね、二宮君は元気でしょうか。
posted by Naoh at 00:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

つくば市への県外からの移住者はいかほどなのか

去年できた大型マンションの敷地に、ひそかに侵入しました!といいますか、通り抜けしようと思ったら、立派な柵で囲われていてそれがかなわなかっただけです。

手ぶらで後戻りするのが惜しかったので、駐車場にある車のナンバーをチェックしてきました。うーん、ざっと見たところ9割以上土浦ナンバーでした。これからいくつもマンションが建設されますのであるいは今後増えるかもしれませんが、現時点ではこんなものでしょうか。

単なる住み替えだと経済効果も限定的ですから、県外から流入して欲しいような気がします。しかし本当のところどうなのか、データが欲しいですね。どこかにありそうなものです。続きを読む
posted by Naoh at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

東証の西室社長がなんと留任

近頃は関東つくば銀行の話をはじめ、頭を抱えてしまう話が多いのです。あれほどのトラブルを招きながら、東京証券取引所の西室社長の留任が決まりました。

そんな彼の発言内容・・・

2月21日の西室社長会見の要旨
http://www.tse.or.jp/guide/interview/060221.pdf

最も情けないのは”投機家”に対する認識ですね。

要約すると「投資家は既に持っていたライブドア株を手放しているようで、現在同株を買っているのは投機目的の方だろう。そのような取引のために東証のシステムに悪影響があるのであればさらに制限する必要がある」。

投資に対置するネガティブな物言いですが、これは明らかにおかしいのです。なぜなら上場廃止の可能性が高まり、機関投資家はこの株を持ちっぱなしにすることは出来ません。当然即売り注文を出します。しかし売買ですから買い手がいないと売れないのです。純投資目的の買い注文なんて大げさに言えば誰も現れない可能性があります。紙切れになってもおかしくありません。

ですから155円で値段がついたのは投機家のお陰なのです。機関投資家(ひいては投資信託購入を購入している個人投資家)は無事売却できて事件前の1/5ほどお金が戻ってきました。良かった。

このような役割を”投機による流動性の提供”などと言います。株式投資の魅力の1つに、この換金性の高さがあります。不動産などは売りたいと思ってもすぐに現金化するのは難しいですよね。下手をすると足元を見られます。

このようなごく基本的な知識なしに日本最大の証券取引所のトップに居座る神経が信じられません。金融業界の末端で、少しだけこの国の将来を憂います。
posted by Naoh at 19:14| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

関東つくば銀行、つづき・・・

これは悪名高きMSCBでは・・・
http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr2/home/oracle/80/2006/430e09f/430e09f0.pdf

株主もえらくなめられたもんです。一応貸し株条項ははずされているようですが、20%弱も潜在株式数が増えます。本日東証1部銘柄で値下がり率ダントツ1位になっているので、何事かと思って確認したらこれでした。もちろんファイナンスが全てマイナス評価になるわけではありませんが・・・手放してよかったです。

あるいは、株価への悪材料を続けて出すことによってのれん代を減らし、茨城銀行との復縁を画策しているのでしょうか。
posted by Naoh at 18:14| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

つくば市内のカスミストアに流れる場内音楽

ここ数年テレビで流れるコマーシャルに、私の世代におなじみの音楽がよく使われます。同世代の人間がその製作現場で、一定の力を持つポジションに着き始めたことを意味しているのだと思います。喜ばしくもあり、年齢を実感しややさびしくもあり。

具体的には80年代の洋楽ロックですね。まだJポップやJロックといわれる日本の音楽が、メジャーになる前の時代です。古い、いや懐かしいのです。

そんなこともあって、バックグラウンドの音楽が気になる今日この頃なのですが、最近?なのがよく買い物をする、スーパーの「カスミ」でしばしば流れるあの音楽、映画「ロッキー」のテーマ。同世代ならば知らないもののいない”あの”音楽です。なんという選曲・・・。

買い物をしていてかなり違和感があります。いや、どういう音楽か知っているものにとって、正直”こんなセンスの店舗で買い物している自分”を思わず恥じてしまうほどのインパクトがあります。1店舗ではなく複数つくば市内のカスミストアで流れているので、あえてそうしている様なんですね。ある店舗の店長のセンスが?なワケではないのです。もしかしたら購買意欲をかきたてる特殊な効果でも、あの曲にはあるのでしょうか。気になって仕方がありません。
posted by Naoh at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

「源氏物語絵巻」の復元模写が五島美術館で公開中

どうも国宝である現物の同時展示はないみたいです(未確認)
http://www.gotoh-museum.or.jp/tenrankai/index.html

東京文化財研究所が原本に残る彩色顔料などを科学的に調査して、五島美術館と名古屋市の徳川美術館が平安時代の色彩を復元模写としてよみがえらせたものです。この様子はNHKスペシャルで取り上げられていたので録画して保存したのですが、現物が公開されていることに気づきませんでした。迂闊。

公開期間が短いですねー、3月26日までだそうです。つくばエクスプレスを使ってもつくばから上野毛はアクセスが悪いのが難点です。
posted by Naoh at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

荒川静香さん、金メダルおめでとう

見ました、早起きして。

トリノオリンピックの女子フィギュアスケートで、荒川静香選手が金メダル獲得です。素晴らしい演技でした。寝不足のせいか歳のせいか、目頭が熱くなりました。

もっと驚いたのは、男子の金メダリストのエフゲニー・プルシェンコのエキシビションの演技です。これは別格ですね。そんな神のすばらしいエキシビションの映像が・・・

http://www.youtube.com/watch?v=N8vXfS6YLHw&search=sex%20bomb

なかなかユニークな選手のようです・・・
posted by Naoh at 23:49| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

晴明神社での初詣にメディアパワーを実感

年始に京都に立ち寄るようになって確か18年目ですが、なにが目的かというと「晴明神社」での初詣なんですね。京都駅からバスでおよそ20分。

ペットショップ晴明神社本殿

私がはじめて参拝したときにはとてもひっそりとしていました。「清める」→「拝む」→「お守りを買う」という10分程度の時間で、他の参拝客に出くわすことすらまれでした。

それが4年ほど前『陰陽師』という映画で、この神社に祭られている安倍晴明が取り上げられてから変わりました。その年は50Mぐらいの参拝者の列ができましたからね。京都駅のバス停が見慣れぬ若い女性であふれていたのでイヤな予感がしていたものの、それまで私以外で降りる人に会ったことのなかったバス停「一条戻り橋」で、一斉に動き出したのには驚いたものです。

賽銭が増えたせいか、境内の関連施設はきれいに改築されました(笑)。

で、今年は参拝したのが4日だったせいか、それほどでもありません。映画の公開から時も経つので当然でしょうが、だからこそ公開直後のあの騒ぎにメディアの集客パワーを感じずにはいられませんでした。映画のロケに自治体が協力する動きが目立つのもわかります。

ということで『下妻物語』で観光客は増えたのですかね・・・気になりました
posted by Naoh at 01:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

やっぱりつくばは寒いですな

昨日京都を経由して九州から戻って参りました。年末年始に京都を訪れる決まりごとも、もうかなりの期間つづけてます。
ペットショップ
いつもいく京都御所

しかし寒いですねぇ。

もちろん九州地区に比べたら、京都の冬がはるかに寒くすごしにくい所なのは周知のこと。それよりもさらに南東北の茨城県が寒い気がします。京都は気温があがらず昼間が寒いのに対して、このあたりは日が落ちてから刺されるように寒いイメージです。

そんななか、クレオ前のメリーゴーランドが営業してましたよ、まだ(笑)。午後8時を回った寒風のなか青ざめるアルバイトとおぼしきお嬢さん、ご苦労様です。今週いっぱいですかね。
posted by Naoh at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

NHK『義経』タイトルバックの宮田雅之切り絵

今日の総集編で、NHK大河『義経』は見納めになりました。ずっと見ていたわけではないし、なんとなく出演者が自分の持っているイメージとあわなかったこともあって、ドラマが終わるのはどうということはありません。が、ひとつだけ残念なことがあります。

短時間だけなのですが、タイトルバックに宮田雅之画伯の切り絵が登場します。それが見られなくなります。

私ぐらいの年代ならば、江戸川乱歩の著作などでおなじみの方もいらっしゃるかと思いますが、非常に有名な「切り絵」画家です。10年ぐらい前の大河では、毎回新作が使われていたことで話題になりました。

国連公認画家でもあり世界的に知られた方ですが、切り絵がマイナーなのか知らない方も多いですね。

ウェブサイトの宮田雅之切り絵の世界ではタイトルバックに使われた『黒髪』などの作品が見られます。
posted by Naoh at 22:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

また誤発注かも・・・

http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/bid_hist?aID=c105110350

浜崎あゆみさんのサイン入りGパン、チャリティー向けらしいですが・・・。ジェイコムに続く世間を騒がす誤発注問題になるか。
posted by Naoh at 19:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

日本の人口、やはり今年から減少ですか

見通しが甘いことで有名な国立社会保障・人口問題研究所の推計。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051222-00000065-kyodo-soci

やっぱり今年から減少でした。老齢年金制度や税収に関わる重要な指標であるのに毎回楽観的で、そのたびに議論になるんですよね。

それにしても歴史的転換点がやってきてしまったんですね。つくばエクスプレス沿線、というかつくば市で、流入によって人口が増えるというプランが成り立つのか少々心配ではあります。
posted by Naoh at 19:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ninki.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。